植月さんちのいつも

飽き性な私とそれを取り巻く環境 。「大好き」を見つける。

2018年秋アニメ善きでは?

ゴブリンスレイヤー1話を観てきました。


最近異世界転生やらが多かったから純ファンタジー新鮮だなぁ。
個人的にはこういう王道やダークなファンタジーが今後増えてほしいです。

さて1話。
書店で見かけたときはニンジャスレイヤーかな、とか同人誌のあれかなとか思ってました。謝罪します。

ファンタジーTRPG、SW2.0をプレイしているとわかりますが、レベル1冒険者4人パーティーはウルフにも負ける可能性があります。
オークやシャーマンがいるゴブリンの洞窟とか自殺行為ですよ。
と思いつつも所詮ゴブリン。そんなのばっか狩って何が楽しいの?と思っていました。

いや、すごい。魅せ方が。
一般市民や駆け出し冒険者といった力の弱い人々にとっては、彼らは確かに脅威だった。
僕らが聞く冒険者は旅をしたりダンジョンハックしたり、ドラゴン倒して世界救ったりとスケールの大きい話をして忘れていました。
本当の脅威ってこういうことなんだな。
ゴブリンスレイヤー…お前は必要な存在だよ(手のひら返し)。
1話でゴブリンの脅威をしっかりと演出していました。ゴブリンの暗闇を利用した奇襲、集団戦、戦術に翻弄される冒険者と為す術なく犯されたり涙する表情は迫真でした。

ゴブリンスレイヤーもただ腕っぷしが強い、というだけでなく経験や技術、罠を駆使して戦う姿は好感が持てました。
…いや最近は本当に能力で楽する主人公多かったからね。感覚が鈍ってるのかもしれない。

ゴブリンスレイヤーに命を救われた神官はあんなにひどい目にあったにもかかわらず、ゴブリンの赤ん坊が殺される際に涙し祈りを捧げていましたが、今後はどう成長するのか楽しみです。
響鬼みたいに師弟バディものなのかな…。

ともかく。これは今後も継続してみていきたいと思います。
これを見つけて最後まで読んでくださった奇特な貴方。貴方はこの作品を観てどんな感想をいだきましたか?
よければコメントで交換いたしましょう。

それでは2話で。

 



戦犯は無知に美少女3人を洞窟に連れて行ったリーダーだと思うので八つ裂きにされてもしかたない。